131215_flyer

第1回『Go Global Japan Expo』GiFT特設ページ

[午後の部] 分科会にて、GiFT企画「ロールモデルカフェ」を開催!
会場 早稲田大学1号館・406教室 ⇒ [地図]
時間 13:30〜17:00(3セッション:13:30-14:15/14:45-15:30/16:00-16:45)
対象 高校生、保護者、高校教育関係者、大学生、大学教育関係者、その他一般
申込 事前申込不要(当日会場前の受付ブースにお越しください。) ※ 参加者多数が予想されますので、ご希望のセッションへの参加については、お早めに申し込みいただきますようお願い致します。
定員 各セッション ゲスト1人につき先着10名 × 6テーブル ※ セッション終了後、会場はいったんオープンスペースとなります。セッションにご参加いただけなかった方も入場が可能となり、ゲストの方々との交流が可能な時間となります。
進行 会場内には6つのテーブルがあり、それぞれにゲストが参加します。自己紹介のあと、まずゲストの方の“生きてきた物語”を聴き、そこからテーブルごとに対話(ダイアログ)し、参加者同士で『◯◯年後の自分』のイメージを共有します。 ※ 当日はお茶とお菓子をご用意しております。どうぞお気軽にご参加下さい。 131215_flyer 「ロールモデルカフェ」チラシ(PDF)
131215_age17      
(1)セッション1(13:30-14:15)+フリートーク(14:15-14:45) 131215session_takizawa131215session_fukuhara131215session_mizuno131215session_nagasue131215session_manabe131215session_kimura
(2)セッション2(14:45-15:30)+フリートーク(15:30-16:00) 131215session_takizawa131215session_fukuhara131215session_niiya131215session_manabe131215session_tanaka131215session_mishiro
(3)セッション3(16:00-16:45)+フリートーク(16:45-17:00会場クローズ) 131215session_harada131215session_niiya131215session_tanaka131215session_ichikawa131215session_kumon131215session_nagasue
ゲスト(ロールモデル)紹介(50音順 / 参加者のみなさんへのメッセージ)
131215guest_ichikawaセッション3(16:00-16:45)参加 市川 裕康 さん (プロフィール 好奇心を持ち続け、若いうちに海外に飛び出していろいろな経験をされること、応援しています。人生約3万日。1日1日を精一杯積み上げ、自分のやりたいこと、役割を、楽しみながら見つけ出してください。(株式会社ソーシャルカンパニー 代表取締役/ソーシャルメディア・コンサルタント)
131215guest_kimuraセッション1(13:30-14:15)参加 木村 大輔 さん (プロフィール 高校生の頃は部活・勉強以外の時間もたくさんあります。いつも会っている友達からちょっと幅を広げてみて、たくさんの人と話してください。その中にはとっても刺激的な出会いがあり、その出会いから、自分が将来やりたいことが見えてくるし、海外も近くなる!!と思います!(地方公務員)
131215guest_kumonセッション3(16:00-16:45)参加 九門 崇 さん (プロフィール 私は高校生の時に、将来「通訳」になるという夢を持っていました。今思えば、海外に関連した仕事は通訳しか知らなかったのです。でも、高校2年の時に同時通訳の方と出会い、他にも海外関連の仕事があると聞いて進路を変えました。高校時代に働いている人に出会うことは貴重な経験です。なぜなら、当時の私のように自分が知らない仕事を知ることで将来の選択肢が増えるからです。ぜひ「アジアで学ぶ・働く」という選択肢も頭の片隅に置いて下さい。当日お会いできるのを楽しみにしています!(株式会社九門崇事務所 代表取締役社長/亜細亜大学国際関係学部 特任教授/東京大学 特任研究員)
131215guest_takizawaセッション1(13:30-14:15)参加 セッション2(14:45-15:30)参加 滝澤 三郎 さん (プロフィール 高校生の頃はたくさん悩みがあり、将来の自分も見えません。でもそんな悩みをバネに、外に関心を持ちつつ勉強を続ければ、いつの日か転機が訪れます。どんなことでも「問題」ではなく「チャレンジ」だと考えれば「やる気」が湧いてきて、困難も乗り越えられます。『目が輝いている若者は伸びる』(東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科長/国連UNHCR協会理事長/前UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日代表)
131215guest_tanakaセッション2(14:45-15:30)参加 セッション3(16:00-16:45)参加 田中 慶子 さん (プロフィール 好きなことを見つけて思いっきりチャレンジしてください。好きなことは頑張らなくても一生懸命になれるし、一生懸命やったことは必ず自分の糧になります。(通訳/異文化コーチ)
131215guest_nagasueセッション1(13:30-14:15)参加 セッション3(16:00-16:45)参加 長末 辰也 さん (プロフィール ほんの小さな勇気、行動や意識の変化が人生にとても大きな違いを生み出すことは珍しくなく、私も実体験でそれをとても強く感じています。変化を楽しむことができれば、人生も楽しんでいける。人生楽しめたら大抵の事は何とかなります。人と違う人生って素晴らしいじゃないですか!(Pricewaterhousecoopers Aarata Marketing & Knowledge Management シニアマネジャー)
131215guest_niiyaセッション2(14:45-15:30)参加 セッション3(16:00-16:45)参加 二井矢 洋一 さん (プロフィール 学生時代にはとにかくよく学ぼう。歴史から倫理を、数学から論理を学ぼう。世界中の教養を備えた人たちが、同じように教養を備えた日本人と友達になりたがっている。(人事院 事務総局国際課長)
131215guest_haradaセッション3(16:00-16:45)参加 原田 英治 さん (プロフィール 一歩を踏み出そう!一歩を踏み出すとは、階段を一歩上がるようなこと。なので、あんまり大きな一歩じゃないほうがよいかも。でも、10歩進むと、目線が高くなり、見える景色が変わります。同じように一歩を上がった人たちとの目線が近くなるので、行動する仲間の知り合いが増えやすくなります。あとは仲間を大切にしていけば、あなたの夢は加速度的に広がっていくはず。(英治出版株式会社 代表取締役)
131215guest_fukuharaセッション1(13:30-14:15)参加 セッション2(14:45-15:30)参加 福原 正大 さん (プロフィール みなさんには、世界に目を向けて、より楽しい人生を送ってもらいたいと思います。私は、高校生の時アメリカとフランスにホームステイをしたことをきっかけに人生が変わり、最高に楽しい日々を過ごしています。そこで学んだ、語学力だけではない、「考える力」を身につけることの大切さについて当日はお話ししたいと思います。(Institution for a Global Society 代表取締役/東京医科歯科大学グローバル教育アドバイザー/相模女子大学非常勤講師 ほか)
131215guest_manabeセッション1(13:30-14:15)参加 セッション2(14:45-15:30)参加 眞鍋 亮子 さん (プロフィール 最近は英語力や、グローバル力という言葉が先行しているように思いますが、世界で生きていくために本当に重要なのは、「自分は何が好きか」「何がやりたいか」を見つけることだと考えています。それさえあれば、語学力やいわゆる“国際力”は後からついて来はず…。好きなことも年々変わると思いますが、それはそれでOKです。夢中になれることを持っている人は強いです!(プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツ ジャパン マーケティングマネージャー)
131215guest_mishiroセッション2(14:45-15:30)参加 三代 祐子 さん (プロフィール 大学進学も就職先も確かに重要で、その時は一生懸命に考え、頑張れば良いが、人生は何度でも方向転換ができるので、あまり考え込みすぎないで、その時の自分を信じてあげてください!(大手教育出版社)
131215guest_mizunoセッション1(13:30-14:15)参加 水野 達男 さん (プロフィール どんな時も、自分のもつ潜在力を信じて、都度少しずつ自分の成長の可能性にチャレンジする心的姿勢を持ち続けて欲しい。私は、人生は、ナイキのマークと同じと考えています。肯定的な考え方と継続的な努力で少しずつ改善するのが最も効果的かつ自分らしい生き方と思っています。焦らず、諦めず、自分の関心事をいつも好奇心を持って観み、何かしら行動し続けてください。そうすると、いつの間にか成長している自分に出会えるはずです。(MALARIA NO MORE JAPAN 専務理事 兼 事務局長)

トップに戻る

___