131215guest_ichikawa

ロールモデルカフェ ゲストプロフィール一覧

今回「ロールモデルカフェ」にご参加いただくゲストの方の詳しいプロフィールです。 (敬称略、50音順)
市川 裕康 さん
131215guest_ichikawa
(株式会社ソーシャルカンパニー 代表取締役・ソーシャルメディア・コンサルタント)
1970年静岡県浜松市生まれ。1994年同志社大学法学部政治学科、1996年同志社新島スカラー奨学生としてアマースト大学(Amherst College)を卒業。 NGO団体、出版社、人材関連企業等を経て2010年に独立。国内外の公共分野でのイノベーションに関する調査研究、執筆、講演、コンサルティング・サービスを政府/国際機関・非営利団体、大学、企業などに対し提供している。講談社『現代ビジネス』に「ソーシャルビジネス最前線」「デジタルキュレーション」を寄稿(2010-2013)、著書に『Social Good 小事典』(講談社)がある。 ⇒メッセージへ戻る
木村 大輔 さん
131215guest_kimura (地方公務員)
青森県弘前市出身。父の影響で幼少から器械体操を始める。日本大学文理学部在学中にケンブリッジ大学に留学。青少年団体、金融機関勤務を経て、オックスフォード大学外交政策修士課程、オーストラリア国立大学公共政策大学院を修了(ロータリー国際親善奨学生)。帰国後、フリーのコンサルタントとして人材育成・国際交流・国際開発・企業の海外進出支援・地域活性化に従事。その他、都道府県の人材育成の講師、内閣府「世界青年の船」事業ファシリテーター等を務める。 地域の発展には国際的な視野を持った志あるリーダーの育成が不可欠と考え、地方から海外に挑戦できる環境作りとグローバル教育の浸透に努める。 ⇒メッセージへ戻る
 
九門 崇 さん
131215guest_kumon (株式会社九門崇事務所 代表取締役社長・亜細亜大学国際関係学部 特任教授・東京大学 特任研究員)
慶應義塾大学法学部卒、 ミシガン大学公共政策大学院修士。 日本貿易振興機構(ジェトロ)にて、清華大学経済管理学院で経営学などの研修を経て、中国を中心にアジア新興国の経済・企業戦略等に関するリサーチに従事。 その後独立し、アジア発グローバルリーダー育成をテーマにコンサルティング・研修・講演を実施。中国で日中の大学生を対象にしたキャリアのワークショップを行うなどインターカルチュラルな人材の共創に向けた取り組みも積極的に行っている。東京大学では主にインド・中国ビジネスのケーススタディに関連した講義を行う。 「アジア・ソサエティ(ジョンD.ロックフェラー氏が設立した国際的NPO)」の2011年「アジア21 ヤングリーダーズサミット」日本代表に選出。アジア30カ国、150名のリーダーとインドでのサミットに参加。 著書に『アジアで働く』(英治出版=単著)、『中国進出企業の人材活用と人事戦略』(ジェトロ=共著)、『中国ビジネスのリスクマネジメント』(ジェトロ=共著)等9冊がある。 ⇒メッセージへ戻る
滝澤 三郎 さん
131215guest_takizawa (東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科長・国連UNHCR協会理事長・前UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日代表)
東京都立大学大学院博士課程を経て法務省入省。カリフォルニア大学バークレー経営大学院修了後、1981年国連ジュネーブ本部採用。UNIDO(国連工業開発機構)ウイーン本部財務部長などを経て2002年から06年までUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)ジュネーブ本部財務局長。07年から08年8月までUNHCR 駐日代表。国連大学客員教授を経て2009年に東洋英和女学院教授。2013年4月に国連UNHCR協会の理事長に就任。 ⇒メッセージへ戻る
 
田中 慶子 さん
131215guest_tanaka (通訳/異文化コーチ)
高校卒業後、劇団研究員、NPO活動を経てアメリカ・マサチューセツ州のマウントホリョーク大学を卒業(国際関係論専攻) 帰国後はテレビの番組制作やニュースのライターを経験した後、NPO団体のUp With Peopleで働く。団体の活動停止に伴いフリーランスの通訳に。現在に至る。 ⇒メッセージへ戻る
長末 辰也 さん
131215guest_nagasue (PricewaterhouseCoopers Aarata Marketing & Knowledge Management シニアマネジャー)
地元福岡の高校を卒業後、アメリカの大学へ進学。2度の転校を経てボストンの私立大学(Suffolk University)を卒業。ボストンで3年半働いたのち帰国、東京へ移住。 コンサルティング、広告代理店、投資銀行、会計系コンサルを経て現職。 2000年、2012年(日本青年団リーダー)内閣府青年国際交流事業「世界青年の船」に参加。 ⇒メッセージへ戻る
 
二井矢 洋一 さん
131215guest_niiya (人事院事務総局国際課長)
慶應義塾大学商学部卒、人事院採用 20年以上、国連・国際協力や人材育成を担当。 人事院公務員研修所教授、大阪大学国際公共政策研究科招聘教授を兼任。 ⇒メッセージへ戻る
原田 英治 さん
131215guest_harada (英治出版株式会社 代表取締役)
1991年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業。アンダーセン・コンサルティング(現・アクセンチュア)でのコンサルタント、家業の印刷・出版業を経て、1999年6月 有限会社原田英治事務所設立(英治出版創業)、代表取締役就任。 1999年に自宅の一室から英治出版を妻と二人で創業。資本金300万円からのスタート。絶版にしない出版社、バーチャル立ち読み、読者最適サイズ本、プロジェクトスタイルの出版方式「ブックファンド」、そして韓国進出など、独自のアイデアで従来の出版社と一線を画した事業展開をしている。経営信念は、「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」。 ⇒メッセージへ戻る
 
福原 正大 さん
131215guest_fukuhara (Institution for a Global Society 代表取締役、東京医科歯科大学グローバル教育アドバイザー、相模女子大学非常勤講師など)
慶應義塾大学経済学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。INSEAD(欧州経営大学院)にてMBA、グランゼコールHEC(パリ)にてMS(成績優秀者)、筑波大学博士号(経営学)を取得。その後、世界最大の運用会社Barclays Global Investorsに入社し、為替の研究と戦略を構築。日本人としての最年少Managing Directorになるとともに、日本における取締役を歴任。 2010年に中高生向け「未来の日本人グローバルリーダー」の養成スクールInstitution for a Global Society株式会社設立。設立後短期間に多くの学生が世界のトップスクールに進学。スクールでの授業が「ハーバード、オックスフォード、世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方」として発刊され、現在ベストセラーに。 ⇒メッセージへ戻る
眞鍋 亮子 さん
131215guest_manabe (プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツ ジャパン マーケティングマネージャー)
都立武蔵高等学校卒業 米国ニューヨーク州 コーネル大学 工学部、農業・生命科学学部卒業 戦略コンサルティングファーム・モニターグループ(現デロイト)、バクスター株式会社等を経て現在プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツ ジャパンにて勤務。 ⇒メッセージへ戻る
 
三代 祐子 さん
131215guest_mishiro (大手教育出版社)
幼稚園から高校卒業までNY在住→慶應義塾大学法学部法律学科卒→McKinsey→東ティモール独立後の教育法作り→内閣府国際交流事業「世界青年の船」運営・乗船→London School of Economics 社会政策修士修了→大手教育出版社勤務中。所属や働き方に変化があるものの、ずっと教育、その中でも特に児童養護施設・児童虐待に関心がある。5カ国に住み40ヵ国以上旅する中で、世界中で活躍する人々も素晴らしいが、一人一人が隣の人に少し手を広げられればより良い地球になると想うように。Global Education/Personを私たち自身が体現し広げていく重要性を感じている。 ⇒メッセージへ戻る
水野 達男 さん
131215guest_mizuno (MALARIA NO MORE JAPAN 専務理事 兼 事務局長)
兵庫県西宮市生まれ 1979年:北海道大学 農学部卒 2002年7月:レインボー薬品(株)常務取締役開発部長、2007年4月:住友化学(株)生活環境事業部ベクターコントロール部長、2008年10月:ベクターコントロール事業部事業部長。 2012年11月:MALARIA NO MORE JAPAN立ち上げに伴い、専務理事に就任。 大学卒業後、22年間の米国外資系メーカー2社勤務を経て1999年に住友化学株式会社へ入社。同社で2007年から アフリカでのマラリア対策蚊帳の事業を6年担当し、その後2012年11月から現職。 豊富な外資系企業経験とそこで培った論理性と国内外ビジネス経験を事業経営・運営に活かし、アドバイザー兼プランナー として活躍中。 ⇒メッセージへ戻る

▶ 「ロールモデルカフェ」トップページに戻る