News

東洋大学×GiFTのDiversity Voyage 4期の事前研修を行いました

1月17日、この春第4期目の「東洋大学×GiFTのDiversity Voyage」の事前研修を東洋大学白山キャンパスにて行いました。東洋大学の学生を対象とした9日間の海外研修プログラムDiversity Voyage。この春は、セブ(フィリピン)、クチン(マレーシア)、バンコク(タイ)、ビエンチャン(ラオス)の4コースでの実施です。

東洋大学の全キャンパス(白山、川越、板倉、朝霞)、全学部から集まった今回の参加者たち。午前中は事務局長・辰野より、GiFTの地球市民教育(Global Citizenship Education)、そしてDiversity Voyageへの想いが語られ、参加者たちは初対面の仲間と自己紹介を兼ねたアイスブレイキングアクティビティに取り組みました。

  TGDV04b-am_082 TGDV04b-am_670

午前中最後のワークでは、「自分たちにとって最高のDiversity Voyageとは?」「そのために、自分として、チームとしてできることとは?」という問いに対し、全コースの参加者たちがブレインストーミングを行いました。

「視野が広がる」「勇気が持てるようになる」「体験を言葉で伝えられる」「認め合う」など、4期生として自分たちが創るDiversity Voyageの成功イメージでいっぱいになった黒板と共に午前を終え、ランチを挟んで午後のセッションへ。

午後はコースごとに分かれ、自分の過去とこれからを考えるストーリーテリング、更にお互いを深く知るワークの後、各コースのメンバーとして、どのような9日間にしていきたいかを共有しました。

  11140091_10153783999077527_521252188464806666_n 12512310_10153783810347527_7823974659866827945_n

  5433_10153783950177527_4916640847639002324_n 12540679_10153784012942527_4101644757438149158_n

また、当日の運営ボランティアとして1期~3期の既参加生(Voyagers)の心強いサポートもあり、4期生も本番が待ちきれない様子でした。彼らの持っている”Diversity(多様性)”に対する考えがどう変化していくのか。また、それぞれが創り出す現地でのストーリーがどのようなものになっていくのかが楽しみです。

TGDV04b-member_all006 cropped

現地での様子はGiFT公式Facebookページでも紹介しています。ぜひご覧ください。