About

Educators’ Summit for SDGs 4.7について

本イベント『Educators’ Summit for SDGs 4.7』では、2005年国連決議で採択された「持続可能な開発のための教育(ESD)」、そして、2012年から始まったグローバル・エデュケーション・ファースト・イニシアチブ (国連事務総長により提唱) の一つであるグローバル・シチズンシップ教育(GCED)、また、開発教育、異文化理解教育、サービスラーニング等、未来を共創する教育の実践と普及を通して、SDGsの実現を目指す仲間が集い、未来の教育についてビジョンを共有する場を提供いたします。

↓ 参加申込

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは?

2015年9月に、ニューヨーク国連本部にて、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択され、2030年までに持続可能な社会を実現するための指針として、17の目標(ゴール)が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)として設定されました。

“Educators’ Summit for SDGs 4.7” supports SDGs.

SDGs 4.7とは?

SDGsの中のゴール4『質の高い教育をみんなに』の項目7であるSDGs4.7では、2030 年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにすることを目指しています。

Message

開催挨拶
辰野 まどか
Educators’Summit for SDGs4.7 実行委員会 一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事

「Educators’ Summit for SDGs4.7」は、ユネスコ・バンコク事務所・アジア太平洋地域教育局主催のグローバル・シチズンシップ教育(GCED)会合の参加メンバーから生まれたプロジェクトの一つです。この会合は、9カ国が招聘され、1回目は2015年に開催。その後、2017年に2回目、3回目が開催されました。
会議では、SDGs4.7に関わる、ESD(持続可能な開発のための教育)や国際理解教育、環境教育、開発教育など、様々な分野で活躍、実践されている方々が集まり、未来に向けた教育について話し合われました。

その会議の場で、世界が分断していくことを憂うニュースがある一方で、今、教育が世界をつなぐ時代になったことを実感しました。SDGs4.7にあるESD やグローバル・シチズンシップという言葉で、世界が教育でつながり始めていることを感じています。

SDGs4.7の取り組みは、決して新しいものではなく、今までの教育の中には、SDGs4.7の要素が、既に様々な形で導入されています。それは、教育現場はもちろん、政府、NPO、企業など、様々な人たちが関わって、実践されてきましたし、今も実践されています。

その取り組み、そしてこれからのビジョンを可視化する場として、Educators’ Summit for SDGs4.7では、ESD、国際理解教育、開発教育、平和教育、また新たな教育(ICT教育)など、既に未来につながる教育に携わっている教育者の方々、研究者の方々、先生方、また、それを志すユースの方々が一堂に会し、そのご経験や情報を共有する場をご用意しました。
学習指導要領の改訂を控え、戦後最大の教育改革が始まると言われている中、様々なバックグラウンドを持ち、集まった仲間として、共にSDGs4.7をいかに主流につなげていくかという未来を描ければと考えています。

教育に携わる魅力的な参加者のみなさまと、未来へ向けた「SDGs4.7」を考え、生み出す場が今からとても楽しみです。
ぜひ、熱い思いと共にご参加ください。

Program

当日のタイムスケジュール
  • 12:30

    開場 受付開始

  • 13:00-13:15

    開会挨拶 アイスブレイキング

  • 13:15-13:30

    UNESCO バンコク事務所 挨拶

    プログラムオフィサー Ms. Lay Cheng Tan

  • 13:30-13:40

    聖心グローバル共生研究所からのメッセージ

    聖心グローバル共生研究所・副所長 教育学科教授 永田佳之 氏
  • 13:40-14:30

    「Education for SDGs4.7としての取組」ライトニングトーク

    登壇テーマ

    1. 「持続可能な開発のための教育(ESD)の更なる推進に向けて」

      文部科学省国際統括官付 国際統括官補佐 鈴木規子 氏
    2. 「開発教育/国際理解教育とSDGs4.7」

      国際協力機構 広報室 地球ひろば推進課 内藤徹 氏
    3. 「インターネット前提社会のグローバル・シチズンシップ教育について」

      慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 大川恵子 氏
    4. 「グローバル・シチズンシップ・プロセスを活用した国内外のグローバル教育プログラム」 

      一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト (GiFT) 代表理事 辰野まどか 氏
    5. 「中学校におけるグローバル・シチズンシップ教育の可能性」

      文部科学省研究開発学校 上尾市立東中学校グローバル・シチズンシップ科研究主任 松倉紗野香 氏
    6. <海外事例>「クリエイティブ学習を通してアイデンティを育てる:米国MITメディアラボのとりくみ」

      マサチューセッツ工科大学メディアラボ 博士研究員 村井裕実子 氏
  • 14:30-15:00

    参加型ダイアログ「Education for SDGs4.7」

  • 15:00-15:15

    休憩

  • 15:15-16:45

    分科会 ~実践編~

    分科会①「ハンズオンで考えるクリエイティブ学習を通したグローバル・シチズンシップの育成」

    マサチューセッツ工科大学メディアラボ 博士研究員 村井裕実子 氏
    慶應義塾大学大学院メディアデザイン教育研究科専任講師 前川マルコス貞夫 氏

    分科会② 「グローバル・シチズンシップ教育テンプレートと日本における活用」

    UNESCO バンコク事務所 プログラムオフィサー Ms. Lay Cheng Tan
    宮城教育大学教授 市瀬 智紀 氏
    玉川大学教授 小林亮 氏
    上尾市立東中学校 グローバル・シチズンシップ科研究主任 松倉紗野香 氏
    (一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) リサーチフェロー 木村大輔 氏

    分科会③「SDGsの理念を体感する教育ゲーム『2030 SDGs』-SDGsを通じた未来を創る教育の可能性を探る-

    一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト (GiFT) シニア・ダイバーシティ・ファシリテーター 鈴木大樹 氏

  • 17:00-17:45

    振り返り & 今後に向けて

  • 17:45-18:00

    終わりに

  • 18:00

    終了

  • 18:30-20:30

    特別講演 & 懇親会

    会場:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN

    「Education 2030に向けた日本の教育~世界の潮流とともに〜」

    文部科学大臣補佐官 東京大学教授 慶應義塾大学教授 鈴木寛 氏

Outline

開催概要 ※終了しました。
日時 2017年10月28日(土) 13:00〜18:00(サミット)
18:30〜20:30(懇親会)
会場 サミット:聖心女子大学 聖心グローバルプラザ
東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分
懇親会:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN
参加費 無料
主催 Educators’ Summit for SDGs 4.7 実行委員会
[事務局:一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
共催 聖心女子大学 グローバル共生研究所
後援 UNESCO Asia and the Pacific Regional Bureau for Education
日本ユネスコ国内委員会、外務省、国際協力機構、ESD活動支援センター
協力 慶應義塾大学メディアデザイン研究科

Access

会場アクセス

サミット:聖心女子大学 聖心グローバルプラザ
懇親会:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN

東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分
東京都渋谷区広尾4丁目2-24

Google Maps
東京都渋谷区広尾4丁目2−24

Registration

定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきました。
沢山のお申し込みをありがとうございました。

お問い合わせ
Educators’ Summit for SDGs 4.7 実行委員会
事務局:(一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
Tel: 03-4540-1203 E-mail: info@j-gift.org
© Educators’ Summit for SDGs 4.7