Educators' Summit for SDGs 4.7

About

Educators’ Summit for SDGs 4.7について

本イベント『Educators’ Summit for SDGs 4.7』では、2005年国連決議で採択された「持続可能な開発のための教育(ESD)」、そして、2012年から始まったグローバル・エデュケーション・ファースト・イニシアチブ (国連事務総長により提唱) の一つであるグローバル・シチズンシップ教育(GCED)、また、開発教育、異文化理解教育、サービスラーニング等、未来を共創する教育の実践と普及を通して、SDGsの実現を目指す仲間が集い、未来の教育についてビジョンを共有する場を提供いたします。

↓ 参加申込

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは?

2015年9月に、ニューヨーク国連本部にて、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択され、2030年までに持続可能な社会を実現するための指針として、17の目標(ゴール)が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)として設定されました。

“Educators’ Summit for SDGs 4.7” supports SDGs.

SDGs 4.7とは?

SDGsの中のゴール4『質の高い教育をみんなに』の項目7であるSDGs4.7では、2030 年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにすることを目指しています。

Message

開催挨拶
辰野 まどか
一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事

 

国連加盟国193カ国全てが合意したSDGs(持続可能な開発目標)をテーマにした「Educators’ Summit for SDGs4.7 2018」では、

・教育でSDGs達成に貢献するには何ができるのだろうか?
・これまでに開発されてきたSDGs達成につながる教育は、日本の、世界のどこにあるのだろうか?
・それは、今、未来に向けた教育に、どうつなげられるのだろうか?

この3つの問いについて、体感し、対話をし、未来に向けた教育を共創していきます。


第1回目の「Educators’ Summit for SDGs4.7」は、昨年、ユネスコ・バンコク事務所・アジア太平洋地域教育局主催のグローバル・シチズンシップ教育(GCED)会合のつながりで開催されました。
SDGs4.7に関わる、ESD(持続可能な開発のための教育)や国際理解教育、環境教育、開発教育など、様々な分野で活躍、実践されている方々が一堂に会し、未来に向けた教育について話し合われました。

第2回目の開催となる「Educators’ Summit for SDGs4.7 2018」では、今年GiFTが開始した、「既にある国内外のSDGs教材を見つけ、実践する教員対象プログラム:SDGs4.7 OPEN LAB」の参加メンバーと、具体的なSDGs教育を体験できる場作りを行います。

既にSDGs教育を広げ、実践されているゲストの皆様からSDGs教育の潮流を感じていただき、また、SDGs4.7 OPEN LABメンバーによる国内外のSDGs教育を体験いただきながら、参加者の方々と対話を重ね、SDGsに貢献する教育を共に描く時間になれば幸いです。

教育に想いのある参加者のみなさまと、未来へ向けたSDGsに貢献する教育を考え、生み出す場が今からとても楽しみです。
ぜひ、熱い思いと共にご参加ください。


※SDGs4.7 OPEN LABは、『平成30年度 政府開発援助ユネスコ活動費補助金 持続可能な開発目標(SDGs)達成に貢献するユネスコ活動の普及・発展のための交流・協力事業』に採択事業です。

 

Program

当日のタイムスケジュール(予定)
  • 12:30

    開場 受付開始

  • 13:00-13:15

    開会挨拶

    一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事  辰野 まどか
  • 13:20-13:30

    文部科学省国際統括官付 ご挨拶

    文部科学省国際統括官付(日本ユネスコ国内委員会事務局)専門官  徳留 丈士 氏
  • 13:30-13:40

    聖心グローバル共生研究所からのメッセージ

    聖心グローバル共生研究所・副所長 教育学科教授  永田 佳之  氏
  • 13:40-14:30

    「Education for SDGs4.7」ライトニングトーク

    登壇テーマ

    1. 「アジアにおけるSDGs達成を目指した教育」(仮)

      ユネスコ・バンコク事務所 所長  青柳 茂 氏
    2. 「メディアを通したSDGsの教育への普及」

      朝日新聞社 マーケティング本部長  石田 一郎 氏
    3. 「SDGs達成を目指した教育への支援」

      国際協力機構 広報室地球ひろば推進 課長  齋藤 克義 氏
    4. 「SDGs4.7 OPEN LABを通じたSDGs教育実践のインパクト」

      一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) グローバル教育プロデューサー  木村 大輔 氏

      [SDGs4.7 OPEN LAB 国内コース参加者]
      奈良教育大学大学院(教育学研究科修士課程1年)  谷垣 徹 氏
      [SDGs4.7 OPEN LAB 海外コース参加者]
      大田区立大森第六中学校  町田 恵理子 氏
      [SDGs4.7 OPEN LAB 海外コース参加者]
      Coalition for Better Education (CBE) Executive Director Luchi Flores氏
  • 14:30-15:00

    「Education for SDGs4.7」参加型ダイアログ

    ファシリテーター: 一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)シニア・ダイバーシティ・ファシリテーター  鈴木 大樹 氏
  • 15:00-15:15

    休憩

  • 15:15-16:45

    分科会 ~実践編~ 

    分科会① SDGs × メディア

    トーク&ワークショップ
    「大学英語教育におけるSDGs」

    順天堂大学 国際教養学部 助教  今井 純子 氏
    「SDGs×グローバル・シチズンシップ×ジグソー法」
    私立文化学園長野中学・高等学校 教諭  長田 里恵 氏

    コメンテーター:
    朝日新聞社 マーケティング本部長  石田 一郎 氏

    分科会② SDGs × ICT

    トーク&ワークショップ
    「遠隔授業交流で実現するSDGs学習・SDGsを知る〜企業・自治体の活動を通して」

    愛知県立時習館高等学校 教諭  青木 良輔 氏
    茨城県立竜ヶ崎第二高等学校 教諭  髙山 雅子 氏

    コメンテーター:
    慶応大学大学院メディアデザイン研究科 専任講師  前川 マルコス貞夫 氏

    分科会③ SDGs × グローバル・シチズンシップ

    トーク&ワークショップ
    「ファッション業界の裏側から社会のあり方を考えよう(仮)」

    京都外国語大学 国際貢献学部 講師  影浦 亮平 氏
    立命館宇治中学校・高等学校 教諭  三上 真葵 氏
    「グローバル・シチズンシッププロセスを使った共創型プログラムとは」
    一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) シニア・ダイバーシティ・ファシリテーター  鈴木 大樹 氏

    コメンテーター:
    玉川大学 教育学部 教授  小林 亮 氏

    分科会④ SDGs × サステイナビリティ

    トーク&ワークショップ
    「水から(自ら)世界を知ろう 〜いまわたしたちにできること〜」
    玉野市立日比中学校 教諭  井本 亜希 氏
    境町立境小学校 教諭  中村 高子 氏
    「世界をサステイナブルにする波を起こそう!」(Let’s make waves to make the world sustainable!)
    神戸大学付属中等教育学校 指導教諭  岩見 理華 氏
    愛知県立刈谷北高等学校 教諭  山本 孝次 氏

    コメンテーター:
    宮城教育大学 国際理解教育研究センター長、教授  市瀬 智紀 氏

    分科会⑤ SDG4.7教育 海外事例紹介(SDGs4.7 OPEN LAB -日本とフィリピンの共創事業) ※英語

    トーク&ワークショップ
    「SDGs4.7 OPEN LAB in Cebuでの実践とその後のインパクト」
    Coalition for Better Education (CBE) Executive Director   Luchi Flores氏
    広島県立府中高等学校 教諭  永末 順子 氏
    大田区立大森第六中学校 教諭  町田 恵理子 氏

    コメンテーター:
    上尾市立東中学校 グローバル・シチズンシップ科 研究主任  松倉 紗野香 氏
    一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) グローバル教育プロデューサー  木村 大輔 氏

    分科会⑥ SDGs4.7 OPEN LAB ワークショップ

    トーク&ワークショップ
    「What is happiness?〜自分と誰かの「宝物」から、みんなの「幸せ」のために大切なことを考えるワークショップ〜」

    國學院大學久我山中学高等学校 教諭  岸本 直子 氏
    奈良教育大学大学院(教育学研究科修士課程1年)  谷垣 徹 氏
    「栄養教育」
    筑波大学大学院(教育研究科教育学修士課程1年)  泉澤 慧 氏
    湘南学園中学校・高等学校 教諭  小倉 知子 氏
    「日本とフィリピンの中高生にとってのSDGsリアル」
    認定NPO法人箕面こどもの森学園 教諭  高原 麗奈 氏
    追手門学院中学校・高等学校 教諭  田橋 知直 氏
    「人生で大切なことはSDGsから学んだ」
    岐阜市立境川中学校 教諭  野村 佳世 氏
    立命館守山中学校・高等学校 教諭  由谷 晋一 氏

    コメンテーター:
    ユネスコ・バンコク事務所 所長  青柳 茂 氏
    国際協力機構 広報室 地球ひろば推進課 課長  齋藤 克義 氏

  • 17:00-17:45

    振り返り & 今後に向けて

  • 17:45-17:55

    総括

    宮城教育大学 国際理解教育研究センター長、教授  市瀬 智紀 氏
  • 17:55-18:00

    終わりに

  • 18:00

    閉会

  • 18:30-20:30

    懇親会


    会場:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN

     

Outline

開催概要 
日時

2018年11月25日(日)


13:00〜18:00(サミット)
18:30〜20:30(懇親会)

会場

サミット:聖心女子大学 聖心グローバルプラザ

《アクセス》 東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分
《MAP》

懇親会:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN

参加費

無料 


※懇親会は別途参加費をお願いします。 懇親会参加費 3,500円(学生2,500円)
主催

一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
logo_story

共催

文部科学省/日本ユネスコ国内委員会、聖心女子大学 グローバル共生研究所

協力 慶應義塾大学メディアデザイン研究科
後援
(申請中を含む)
UNESCO Asia and the Pacific Regional Bureau for Education

外務省、国際協力機構、ESD活動支援センター、関東地方ESD活動支援センター、
NHKエデュケーショナル、朝日新聞社、
Coalition for Better Education (フィリピン)、WAKUWORK Foundation Inc.(フィリピン)

Access

会場アクセス

サミット:聖心女子大学 聖心グローバルプラザ
懇親会:聖心グローバルプラザ CAFÉ JASMIN

東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩3分
東京都渋谷区広尾4丁目2-24

Registration

当日参加を希望される方は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、フォームの送信をお願いします。
※お申し込みが完了すると、自動送信メールが送られます。お手元にメールが届かない場合はお申し込みが完了していない可能性があります。ご不明な場合はお手数ですが、info@i-gift.orgまでお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

氏名必須
氏名(カタカナ)必須
職業必須
勤務先/学校名必須
電話番号必須
- -
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須

分科会について

それぞれの分科会は会場の大きさにより、定員がございます。先着順で受付させていただきますので、第1希望、第2希望を選択ください。

分科会 第1希望必須
分科会 第2希望必須

懇親会

※会費3,500円を当日お支払いいただきます。(学生は2,500円 ※お申し込みの際に「職業」にて選択の上、当日学生証を持参ください。)

懇親会必須

(アンケート)

何を見て本イベントを知りましたか?(複数回答可)

メーリングリスト名や紹介者などご記入ください。

連絡欄

(ご参加に際し、何かメッセージなどございましたらこちらにご記入ください。)

お問い合わせ
(一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
Tel: 03-4540-1203 E-mail: info@j-gift.org
© Educators’ Summit for SDGs 4.7 2018