辰野 まどか

17歳の海外体験をきっかけにグローバル教育に目覚める。大学時代に世界100都市以上を訪れ、様々なプログラムを通して、自らを実験台に、グローバル・シチズンシップを育成するグローバル教育を体験する。コーチング専門会社勤務後、米国大学院留学し、異文化サービス・リーダーシップ・マネジメント修士号取得。その後、米国教育NPOにおいてグローバル教育コーディネーター、内閣府主催「世界青年の船」事業コース・ディスッカッション主任等を通して、世界各地で多国籍チームとグローバル教育を実践。 2012年末に(一社)GiFTを設立し、多様性の中から新たな価値を創りだすグローバルシチズンシップ育成推進のための活動を開始。 現在は「トビタテ!留学JAPAN」高校生コース事前事後研修や東南アジア6カ国を舞台にした海外研修等、中学・高校・大学・企業を対象としたグローバル・シチズンシップ育成に関するプロデユース、研修、講演等を行っている。

2016年より東洋大学食環境科学研究科客員教授
2015年より「持続可能な開発のための教育(ESD)円卓会議」委員。

2011-2015年 明治学院大学国際学部国際キャリア学科非常勤講師(Community Development-Service Learning-担当)

「グローバル・シチズンシップ育成におけるGiFTの主な役割」 

「主な講演実績」 「主なメディア掲載」

前のページに戻る