News

トビタテ!留学JAPAN(高校生コース)3期事前研修を実施しました。

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~高校生コース」3期の事前研修を担当しました。
日本全国約500名の派遣留学生を対象に、東京・大阪会場に分かれて行ったこの事前研修。
研修のファシリテーションはGiFTシニア・ダイバーシティ・ファシリテーターの鈴木が行いました。


東京会場の様子


大阪会場の様子

留学期間のみならず、場所や目的も異なる全国の仲間との自己紹介では、皆少し緊張気味な様子でしたが、「自分の学びには自分で責任をとろう」「日本代表であるトビタテ生としての自覚を持とう」という鈴木からのメッセージを受け、いつの間にかエネルギーいっぱいの会場となりました。(会場の熱気が伝わる上の動画もぜひご覧ください)

事前研修では、留学前のマインドセットとして留学に向けた目的意識の醸成と、共にトビタつ仲間同士のつながりを深め切磋琢磨できる関係づくりを大切に、様々なワークを行いながら参加者主体の参加型ワークショップ形式で行いました。

自分の想いを伝え、それを真剣に聞いてもらえる喜びと共に、どんどん仲間と繋がっていく派遣生たち。世界各国へトビタって行く彼らがどのような表情で事後研修に帰ってくるのかが、とても楽しみです。


〜研修後の感想〜

「行きたいけど行けない人の思いを持って、海外にいきたい。自分のためだけじゃなくて、日本全員の思いを背負っていくのが日本代表としての留学だと思います。」

「行き先や目的は違っても思いが強いのはみんな一緒ですごく刺激になったしエネルギーになった。色んな夢があって色んなことを知っている人たちにたくさん出会えて、今日だけで世界を旅したみたいに楽しめた」

「いつも夢をこんなに語り合えるコミュニティはなくて残念だったけど、今日みんなと話したいことで、色んな夢や想いに触れることが出来て良かった」

「情熱で自分の潜在意能力を引き出すんやなって直で感じた」

「トビタテが大好きになったし、まだ留学していないのに、もう1回、2回留学したい!ワクワクしています!」

「100倍くらい気合を入れてトビタとうと思った!」


◉ 2016年に実施したトビタテ!留学JAPAN(高校生コース)2期の事後研修の様子は
こちらをご覧ください。