News

2021年度 明治学院大学グローバル・アンバサダープログラムが終了しました!

Update 2022/03/11

2018年度より明治学院大学との協働プログラムとして、学内のグローバル機運の醸成と、留学者数の増加を目的とした「グローバル・アンバサダー」プログラムを実施し、留学や国際交流に興味がある学生を集め、マインドセット研修やアンバサダーコミュニティの育成をGiFTがサポートしてきました。

2021年度は、1年生を含む14名を新メンバーとして迎え、週に一度のミーティングで話し合いを重ねながら、学内のグローバル意識向上のためのイベントを企画・運営してきました。前年度に引き続き、ミーティングもイベントもオンラインでの実施となりましたが、忙しい学生生活の中でも主体的に活動に参加し、留学への関心を高めるためのイベントや、オンライン授業により困難になっていた留学生との交流を実現するイベントなど、計4回のイベントを通して明学生に貢献してきました。

イベントの集客やポスター作成、イベント当日のファシリテーションやZoom操作、ゲストの調整などを全て自分たちで行い、様々な役割やそれぞれの難しさがある中で、アンバサダーたちはその都度「今の自分はどんなチャレンジをしたいか」を考え、信頼できる仲間と一緒にイベントを創り上げました。

グローバル・アンバサダーの中には、留学から帰国して活動を続けているメンバーもいるほか、2021年度中に留学に出発したメンバーも5名いました。留学中も、時間の合うときにはアメリカやカナダから自主的にミーティングやイベントに参加し、自分が留学先で体験していることを話したり、出願のアドバイスをしたりして、他の学生への刺激にもなっていました。 

1月末に年間振り返りを行い、2021年度の活動を終えたグローバル・アンバサダー。来年度も一人一人の挑戦を、応援しています!

 

●グローバル・アンバサダーの振り返りコメント●

「アンバサダーのミーティングやイベントをやるたびに、自分の挑戦とか、自分がやりたいことなど、自分自身と向き合う時間になっていた。それが1年間のモチベーションにもなって、いい経験ができた。今の気持ちを忘れずに、来年度もがんばりたい。」

「1年間の中で辛い時期もあったけれど、今日の振り返りで自分がやってきたことを認めてもらえた気がした。普段のミーティングでも、このアンバサダーは刺激をもらえて、支えてもらえる場でもあって、貴重なコミュニティに入れてるんだなと思う。留学に興味があるので、来年度はもっと具体的に行動していきたい。」

「私は人見知りなので他の団体に入ってもなかなか続かなかったけれど、このアンバサダーは2年生から入って、卒業まで続けることができた。アンバサダーは自分の居場所だなと思っている。」

「(留学中の学生)アンバサダーに入ったきっかけは、なんとなく楽しそうだなと思っただけで、元々は留学も考えていなかった。でもアンバサダー活動で、自分たちで企画を実行していく中で、留学ってすごく楽しそう!と思えた。それから留学した先輩の話からいろいろなことを知れたので、アンバサダーが大学生活になかったら、今の自分はいないんじゃないかと思う。ここで出会えたみんなをこれからも頼りたいし、頼ってもらいたい。」

 

またグローバル・アンバサダープログラムの他に、GiFTでは学内の「国際貢献インターンシップ」への関心向上を目的とした、国際協力×キャリアをテーマとした座談会も3回実施してきました。参加した学生からは「国際協力分野で活躍するゲストの方からお話が聞ける、貴重な機会だった。」という感想が多くあがり、毎回時間ぎりぎりまでゲストに質問をする学生の姿勢がとても印象的でした。

キーワード

関連記事