JICA地球ひろば 国際理解教育/開発教育指導者研修
過年度参加者アンケート

過去に国際理解教育/開発教育指導者研修に参加されたみなさまを対象にアンケートへの回答をお願いいたします。
いただいた回答は今後のプログラムのさらなる改善に役立てさせていただきます。
ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。
【アンケート回答締め切り:2022年1月11日(火)】

[:ja]

【アンケート回答者】(*)は必須回答項目

①氏名(*)  

②現所属先・担当科目
所属先: 
校種:  
役職:  

担当教科:

③年齢  

④性別  

⑤過去に同様の研修に参加した回数  


【研修受講後の取組み状況】

Q1 研修受講後、国際理解教育/開発教育につながる授業実践や関連する取組みを続けておられますか。[○は1つ](*)
現在も授業実践を行っている。
 現在、授業実践はしていないが、他の学内活動(クラブ活動、生徒会活動など)を支援している。
 学内の教員を交え、勉強会・研修など共に学び合う機会を持っている。
 他校の教員、外部の教育関係者を交え、報告会・研究会活動に参画している。
 研修参加年度は取り組んだが、その後は取り組んでいない。→Q2へ

Q2 Q1でeを選択した理由を、差し支えのない範囲で教えてください。

Q3 研修受講後に、JICAの国内拠点や国際協力推進員/JICAデスク(※)と連携をしたり、連絡をとっていますか。[○は1つ](*)
(※地域のJICA窓口として各都道府県の地域国際化協会等にJICAが配置しているスタッフ)

 積極的に連絡を取っており、困った時やサポートが必要な時にはいつでも相談している。
 あまり連絡は取っていないが、サポートが必要な時の選択肢として理解している。
 サポートや連携のため連絡は取りたいが、どうすればよいか分からない。
 連絡は取っていない→Q4へ
 研修後特にサポートや協力が必要とは感じていない。

Q4 <Q3で、dに回答した方のみ>今後国内拠点の開発教育担当者や、国際協力推進員(JICAデスク)が地域の担当として皆さまのサポートに入る場合どのようなサポートを求めますか?[該当するものすべて]
 研修やセミナー等、自身の専門性をさらに磨くためのイベントの開催
 教材の作成や、指導案の紹介、他の学校の優良事例の紹介等今後の授業づくりに役立つ情報共有
 その他

【学習者(児童・生徒)の変化】

Q5 国際理解教育/開発教育の実践により、学習者(児童・生徒)に変化がありましたか。[○は1つ](*)
 そう思う→Q6へ
 いくらかそう思う →Q6へ
 あまりそう思わない
 思わない

Q6 <Q5で、a、bに回答した方のみ>学習者(児童・生徒)にどのような変化がありましたか。[該当するものすべて]
  自分とは異なる他者への理解、共感、周りに対する思いやりの気持ち(あるいは協働する姿勢)が強まった。
 「自分」「地域」「日本」そして「世界」とのつながりを意識できるようになった。
 世界で起こっている時事や課題に興味や関心を持つようになった(あるいは、掘り下げて考えるようになった)。
 世界で活躍する日本人から、自らの生き方やキャリアについて考えるようになった。
 世界の開発課題に対する解決策や国際協力に触れ、自身の学びが世界の課題解決に役立つことを知り、学ぶ意欲や自己効力感が高まった。
 自身の日常生活を振り返り、環境、地球上の生物やモノなどを大切にする意識が高まった。
 授業での積極的な発言・参画の姿勢がみられるなど、主体性が増した。
 相手の発言を聞いたり、自らの考えを纏めて発表・議論したり、表現する能力が向上した。
 多面的・多角的な視点から、ものごとを見たり、考えられるようになった。
 自分に出来る国際協力への取組みに関心を持つようになった。
 その他

Q7 国際理解教育/開発教育につながる授業実践をきっかけに、学習者(児童・生徒)が主体的に取り組んだ事例があれば具体的に教えて下さい。[該当するものすべて](*)

 学内発表・紹介
(記入例)SDGsの各ゴールに関連づけて、生徒達自身がこれから日常生活の中で取り組みたいことをまとめ、クラス単位で口頭発表、ポスター発表を行った。
  

 学外発表・紹介
(記入例)全国〇〇大会において、生徒自身が〇〇のグループ発表を行い、その様子は地方紙〇〇に紹介された。
  

 学内活動(クラブ活動、自主勉強会、生徒会活動など)での紹介
(記入例)〇〇クラブ活動の一環で、難民支援についての勉強会を月1回開催している。
  

 学外での各種イベント・セミナー等への参画
(記入例)国連が主催する〇〇セミナーに参加し、生徒達が自主的に学びを深めている
  

 募金活動
具体的に:
  

 物資の寄付活動
具体的に:
  

 その他

【研修の波及効果】

Q8 学校内外において、ご自身の授業実践や研修での学びを基に他教員に伝える機会がありましたか。[該当するものすべて](*)
また、該当有の場合、それぞれ対象者や凡その人数も教えてください。

 日常業務の中で勤務校の同僚に共有
①対象者:


②人数:約

 管理職等に報告した
①対象者:

②人数:約

 校内の報告会・研修会・勉強会等で管理職and/or同僚へ共有した
①対象者:

②人数:約

 公開研究授業を実施
①対象者:


②人数:約

 校外の研究会や関連学会での発表など、他校の教員と共有
①対象者:(記入例 〇〇研究会/学会/協議会)


②人数:約

 教育委員会(教育センター)主催の教員研修会等で報告
①対象者:(記入例 〇〇県/市町村教育委員会主催〇〇研修)

②人数:約

 教育関連の情報誌・雑誌・新聞掲載を通じて情報発信
掲載物:(記入例 〇〇新聞、〇〇教育雑誌など)

 各種HP、SNS等で情報発信
具体的に:(記入例 所属学校のHP リンク先:〇〇)

 今後、共有予定有り
具体的に:

 どこにも伝えていない。伝える予定無し→Q9へ

 その他


Q9 <Q8でjに回答した方のみ>それはどのような理由でしょうか。もし、他教員への理解促進につなげる上で、難しさやハードルを感じておられる場合は具体的に教えていただけると幸いです。

Q10 ご自身が作成した学習指導案や授業で使用した教材は、他教員にも参考(あるいは活用)しやすいと思いますか。[○は1つ](*)
 そう思う
 いくらかそう思う
 あまりそう思わない→Q11へ
 思わない→Q11

Q11 <Q10で、c、dに回答した方のみ> そのように思う理由をお答えください。

Q12 学校内外で、国際理解教育/開発教育の理解促進を進める上で、JICAに期待するものは何ですか。[該当するものすべて](*)
(参考)JICA地球ひろばHP 先生お役立ちサイトはこちら 
→ https://www.jica.go.jp/hiroba/teacher/index.html   

 国際理解教育・開発教育に関するセミナーの機会提供
希望するテーマ・内容等:

 授業で使える映像資料の提供
具体的にご希望のテーマや内容:

 世界の現状や課題に関する教材資料・教具の提供
具体的に:

 各種教科・科目での授業実践事例(学習指導案・授業で使用した資料等)が見られるようHPの拡充
 小・中・高校、発達段階に応じた授業実践事例(学習指導案・授業で使用した資料等)が見られるようHPの拡充
国際理解教育・開発教育、国際協力に従事する各種団体の活動やイベント・セミナー情報
 国際理解教育・開発教育に関心がある全国学校教員との交流や相互の学び合いの機会提供
 在留外国人(例:JICA留学生等)との交流の機会提供
 青年海外協力隊(現職教員等)との交流や相互の学びの機会提供
 教育委員会組織に対し、理解を促進するための働きかけ
具体的に:


 新聞・教育雑誌等、メディアを通じた情報発信への支援
 国際協力出前講座
 JICA施設訪問(展示見学)やJICA施設での学習(JICA海外協力隊OBによる体験談、あるいは参加型ワークショップなど)
 自主研修・勉強会時のJICA施設内の会場提供や告知協力などの後方支援
具体的に:

 その他

【全体を通して】

Q13 JICA地球ひろば主催教員研修・公開セミナーの今後に向けた改善点や是非話を聞いてみたいと思う講師(基調講演など)のご提案などありましたら、お願いします。

Q14 その他、JICA開発教育支援事業全般に関連してお気づきの点やご提案などありましたら、教えてください。

Q15 JICA地球ひろばでは、より多くの先生方の授業実践や取組みを応援するために、広報媒体(JICA地球ひろばHP・SNS、メールマガジン、雑誌等)で参考となる事例や取組みを可能な限りご紹介していきたいと思います。自薦・他薦問いませんので、情報提供・ご紹介いただけるものがありましたら、ご協力をお願いいたします。(*)
 提供可能
(具体的に:他の学校関係者に参考になりそうなポイントを添えて、概略を教えてください。)

 既に公開情報として提供済であるため、追加的に提供できるものはない
 現段階では提供できないが、今後可能な範囲で協力したい
 提供できるものはない

アンケート回答にご協力いただいた方に、JICA 2022年カレンダーをプレゼントします。(2022年1月発送予定)
カレンダーをご希望の方は、郵送先をご記入ください。所属先への送付を希望をされる方は、学校名等もご記入ください。

カレンダーの送付を (*)

希望する送付先

送付先住所
-
都道府県:
     
所属先(学校名等):

[:]