「教育ファシリテーターオープン・ラボ」とは

スクールリーダー(学校管理職)や専門家、実践者、国連関係者をゲストに迎え、本プログラムで扱う「ユネスコ新教育勧告」や「変容的教育」やこれからの教育についてお話しいただき、知識・理論・実践事例を学ぶ機会です。

このオープン・ラボは、本プログラムの参加者に加え、これからの教育に興味がある民間、企業、行政関係者および学生の皆さんにもご参加いただくことができる「変容的教育を学ぶオンラインセミナー」としてシリーズで実施します。

本セミナーでは、ゲストから知識・理論・実践事例を学ぶとともに、教育に想いを持つ多世代かつ多様なステークホルダーが集うことで生まれる化学反応や対話を楽しむことができるまさにオープンな学びの「場」です。積極的にご参加ください。

 

第1回 オープン・ラボ
未来を切り拓く教育:ユネスコ教育勧告の重要性と日本の役割

実施日: 2024年6月4日(火)19:00〜20:30
ゲスト: 永田 佳之 氏
(本プログラムアドバイザー、聖心女子大学 現代教養学部 教育学科 教授 /グローバル共生研究所副所長、日本国際理解教育学会 会長)
ゲストティーチャー: 谷垣 徹 氏
(奈良県立青翔中学校・高等学校教諭、文部科学省次世代ユネスコ国内委員会委員)
モデレーター: 辰野 まどか
(一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事・ファウンダー)

第2回 オープン・ラボ
ケアと対話で育む学校づくり

実施日: 2024年7月22日(月)19:00〜20:30

ゲスト:住田 昌治(すみた まさはる) 氏
(本プログラムアドバイザー、学校法人湘南学園 学園長、2010年~2021年度横浜市立小学校校長。2022年度より現職)
日本持続発展教育(ESD)推進フォーラム理事、かながわユネスコスクールネットワーク(KAN)代表、所沢市・横浜市ESD推進協議会委員、共育の杜「みらい塾」塾長他。著書に『校長先生、幸せですか?』(2023 教育開発研究所)『ミドルリーダーの育て方』(2022 学陽書房)『若手が育つ指示ゼロ学校づくり』(2022 明治図書)『カラフルな学校づくり』(2019 学文社)『任せるマネジメント』(2020 学陽書房)等

Masaharu Sumita

ゲスト: 木村 大輔 
(GiFT 理事/調査・研究統括


モデレーター: 辰野 まどか
(一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 代表理事・ファウンダー)
17歳の海外体験をきっかけにグローバル教育に目覚める。その後、国内外の産官学民の分野でグローバル教育事業に携わる。2012年に、グローバル・シチズンシップ育成を掲げ、GiFTを設立。現在は、JICA地球ひろばの教員研修や、大学・高校との10カ国を舞台にした海外研修等、SDGs、グローバル・シチズンシップ育成に関するプロデュース、研修・講演等を行っている。東洋大学食環境科学研究科客員教授。

Madoka Tatsuno

【より実践的な変容・共創を促す「教育ファシリテーター」養成プログラム(教員・教育関係者対象:対面)の参加者募集中】
第1回のオンラインセミナーでも応募方法等のご案内をいたしますが、詳細はこちらをご覧ください。
教育ファシリテーター養成プログラム特設ページへ!

第2回 参加申し込みフォーム

氏名 必須
氏名(カタカナ) 必須
職業 必須
勤務先/学校名 必須
メールアドレス 必須
メールアドレス(確認) 必須

(アンケート)

何を見て本イベントを知りましたか?(複数回答可)







メーリングリスト名や紹介者などご記入ください。

連絡欄

(ご参加に際し、何かメッセージなどございましたらこちらにご記入ください。)

※お申し込みが完了しますと、完了画面へ切り替わります。万が一、完了画面へ進まずに本ページのトップに戻ってしまった場合は、必須項目の未回答など送信が完了していない可能性がございます。その際は、フォームの記入内容等をご確認の上、再度お申込みください。